まずは設定を見直して

長年使っていると、パソコンの反応が鈍い、一般的には「重い」という言葉を使いますが、そんなことを感じることが多くなりますよね。

立ち上げてパソコンを使えるようになるまで長い時間がかかりイライラ。ウィンドウを切り替えるたびに画面が固まって、さらに待たされてカリカリ…
これではストレスも溜まって、いい仕事ができません。効率も落ちてしまいます。

パソコンが古くなってしまって、壊れてしまったのかも?処理能力が衰えてしまったのかも?
そう思って、そろそろ新しいのと買い換えようかな、なんて考えている人いませんか?
もう買い換えてしまったという人もいるかもしれません。
ですが、その判断はちょっと待った、ですね。

長く使い続けると、当然、パソコン内には多くのファイルが蓄積されます。
同時に多くの履歴や管理データが自動的に残されていきます。
またそうした処理の過程で出た「ゴミ」もたくさん溜まってくるのです。

掃除して模様替えをすると動線が上がる家の中と同じで、それらのモノや「ゴミ」をうまく掃除して整理することが、パソコンの中身を綺麗にして処理能力を上げる技です。

ですが、パソコンを掃除するとは具体的にどうすればよいのでしょう。

もちろん、そのままの意味、掃除機をかけることも、実は有効です。
デスクトップならファンに埃が溜まり、熱がこもって処理能力が落ちている可能性があります。

また、デスクトップ上のゴミ箱にいらなくなったファイルを捨てて、そのままにしていませんか?
ゴミ箱に捨てたからと言って、データは消えたわけではないのです。
多少の「ゴミ」データならいいですが、これがギガ単位で残るとパソコンの処理を重くします。

打てる手はたくさんある

とにかく、調子が悪いからと、パソコンを買い替えようとする前に打てる手はたくさんあります。 パソコンショップに駆け込むのは、すべてを試した後でも遅くありません。 パソコンは決して安くない買い物です。できるのであれば、買い替えは最終手段にしたいですね。

Copyright © パソコンの処理速度を上げる簡単テクニック. All Rights Reserved.

TOPへ戻る